I☆YOKOHAMA

心と体を育んでくれた郷土横浜。文化そのもの。「2.3.4.5...」は横浜時代にありました

“心と体を育んでくれた郷土横浜”を意識することは心を育むことにも繋がり、オリンピックの為にもなる

横浜みなとみらい21(よこはまみなとみらい21、Minato Mirai 21)は神奈川県横浜市の西区と中区にまたがり、横浜港に面している地域である。また、1980年代から現在にかけて整備が進められている計画都市でもある。略称は、「みなとみらい21」、「みなとみら…

心をどうロックするか“心”でなのか“モノカネ”でなのか。もちろん”心と心” |川崎『ミスタードーナツ』でそんな事を考えていた....

川崎「ミスタードーナツ」で食事中に考えたこと “自由気ままさ”は無かった幼少期 自主独立を目指して行きたい.... 「良く分からないものを勝手に飲んではダメ!」 心で結びつく。あくまでも“モノカネ”はツール 心ある人がツールとして上手に扱えてこそ モノ…

今日はオレンジについて考えました.... |大洋ホエールズのユニフォームから、ドラマ『オレンジデイズ』セリフ“BEAMS”まで

大洋ホエールズのユニフォーム。緑とオレンジが基調 『レオン』を鑑賞。おっさんハマッコにとっては“リー兄弟” “レロン・リー” “レオン・リー”史上最強の兄弟助っ人 大洋と巨人に在籍“ジョン・シピン”「ライオン丸」の愛称 以前からお世話になっております “…

筒香、故郷でアドバイザー就任式 田んぼや山を走り「けが回避方法学んだ」雑感 |自然から得られることを無視して人を育てるのは難しい

自然から得られることを無視して人を育てるのは難しい 故郷で育まれた心と体で、文化を育んでいく 『SALUS』の中にある気になるエッセイ 最近、“ヒトモノコト”に対しての気づきが 物事すべてに空間と時間を感じられるから... 自然から得られることを無視して…

東京に出てきて24年になります.... |24といえば、私のヒーロー背番号24 横浜大洋ホエールズ遠藤一彦

背番号24大洋ホエールズ遠藤一彦 東京に出てきて24年になります。“24”?はて(・・? 24という数字にまつわる事は沢山ありますが、昨日、突如思いだしたのです。 失念しておりました。“24”といえば、背番号24大洋ホエールズ遠藤一彦。 私のヒーロー。幼少期大…

原点というべき横浜から、心や文化を育んでいくことが良いのではないかと考えています

横浜みなとみらい21(よこはまみなとみらい21、Minato Mirai 21)は神奈川県横浜市の西区と中区にまたがり、横浜港に面している地域である。また、1980年代から現在にかけて整備が進められている計画都市でもある。略称は、「みなとみらい21」、「みなとみら…

ティレルP34(Tyrrell P34) 6輪のフォーミュラ1カーがあった! |他にも、12輪、16輪の車もあるらしい

ティレル(タイレル)P34(Tyrrell P34)は、ティレルが開発し1976年と1977年のF1世界選手権参戦に用いた6輪のフォーミュラ1カーで、デレック・ガードナーが設計した。1976年の第4戦から、1977年の最終戦まで実戦投入された。 このプロジェクトは1974年8月に開…

各々の感性や自主性を重んじること.... |良い組織はルールが少ない。文化がしっかりしているから

1998年は奇跡の年“横浜イヤー”とも言われる チームを率いたのは権藤博 1961年“権藤、権藤、雨、権藤…”というフレーズが流行語に 「投手の肩は消耗品」「中継ぎローテーション」が持論 良い組織はルールが少ない。文化がしっかりしているから 1998年に大矢明…

最近、めっきり運転しなくなった。タクシーが楽。そんな時に便利なアプリがあるんです!『MOV《モブ》』

STARTING OVER.丨2019開幕 STARTING OVER.丨2019開幕 70年目の開幕、それぞれの覚悟を胸に。限界を超えろ。 乗りたいときに、確かに、つかまる。|タクシー配車アプリ 便利なアプリがあるんです!『MOV《モブ》』 乗りたいときに、確かに、つかまる。|タク…

最寄り駅構内にあるBleu Bleuetで計9点購入してきました。とくに『広島カープフルーツゼリー』が気になります

気分転換をはかるため散歩ついでに、最寄り駅構内にある、Bleu Bleuetでなんか色々購入してきました。とくに『広島カープフルーツゼリー』が以前から気になっており、すぐさま買い物かごに入れました。広島県産デコポン入りらしいです。果樹20%、つぶつぶ果…

ひとりでは乗り越えられないような困難でも、ともに戦うことでクリアして行けるのだ

林試の森公園での“ゴムボール”野球のつづきが気になる。 広場にいる親子連れを見ながら、そのひとの言いだせなかったはなしのつづきを聞きたいと思った。ぼんやり、そう思ったのだ。 実家に帰り、自分の気持ちを伝えてくることができた。決意表明みたいなも…

球数制限は見送りも…「物言う主砲」筒香嘉智を恐れる高野連 雑感 |SNS時代だからこそ、選手とのコミュニケーションが重要そう

ざっくり言うと ・少年野球指導に対し問題提起するDeNA・筒香嘉智についてゲンダイが報じた・筒香の問題提起を受け、高野連は20日に理事会を開き球数制限について議論・今回の導入は見送られたものの、今後の筒香の発言に恐々としているそう 球数制限は見送りも…

新潟県の球数制限に筒香嘉智も期待。「ルールを変えて子供達の将来を守る」雑感 |根性論は若年スポーツほどまかり通るのか

DeNA・筒香嘉智外野手が1月14日、スーパーバイザーを務める少年野球チーム「堺ビッグボーイズ」の小学生部「チーム・アグレシーボ」の体験会に参加。改めて勝利至上主義から脱却して、本当に子供たちの将来に結びつく指導の必要性、野球界のあり方を訴えた。…