I☆YOKOHAMA

心と体を育んでくれた郷土横浜。文化そのもの。野球とロック!!

今日はオレンジについて考えました.... |大洋ホエールズのユニフォームから、ドラマ『オレンジデイズ』セリフ“BEAMS”まで

大洋ホエールズのユニフォーム。緑とオレンジが基調

 映画『レオン』途中まで見ました。過去、何度も見たので、特にどうもこうもないのです。既出しまくっているかとも思うので、寸評は良いかな思います。

 ナタリーポートマンも可愛らしいですね。ジャンレノも良いと思います。

 私どものような、おっさんハマッコにとっての“レオン”と言えば、リー兄弟。レロン・リー。レオン・リー。史上最強の“兄弟助っ人”

 1977年に、大洋ホエールズ(現DeNA)が横浜スタジアムに本拠地を移したのにともない、川崎球場はロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)の本拠地になります。時期を同じくして、ロッテオリオンズに、リー兄弟が相次いで入団しました。

 大洋ホエールズには、ジョン・シピン在籍していました。1972年に大洋に入団。球団が川崎を去る1977年まで在籍。翌年から巨人でプレー。「ライオン丸」の愛称で親しまれました。

 個人的に、印象深いのは当時の大洋ホエールズのユニフォーム。緑とオレンジが基調。うん、なかなか(*‘ω‘ *)

ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡 (B・B MOOK 626 スポーツシリーズ NO. 499)

ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡 (B・B MOOK 626 スポーツシリーズ NO. 499)

 

ジョン・シピン(John White Sipin、 1946年8月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ワトソンビル出身の元プロ野球選手(内野手)。

1972年に大洋に入団。近藤昭仁に代わる二塁手として、常に3割を狙える安定した打撃を売りにクリーンナップの一角として活躍。守備にも定評があり1972年・1973年にダイヤモンドグラブ賞(二塁手)を受賞、1970年代のプロ野球を代表する二塁手となった。1975年には自己最多の34本塁打を記録。その長髪といかつい髭から、当時の特撮番組「快傑ライオン丸」にちなんで「ライオン丸」の愛称で親しまれ、球団が川崎を去る1977年まで在籍.....

ジョン・シピン - Wikipedia

“MA-1”フライトジャケットの一種

 ほかにも、緑とオレンジが基調といえば、“MA-1”

 フライトジャケットの一種。詳しくは下記リンクから。

MA-1は、フライトジャケットの一種である。アメリカ軍における軍用品規格番号はMIL-J-8279からMIL-J-8279Gまでの八つ。アルファ・インダストリーズ製のものが広く流通しているが、他にスカイラインクロージング等の軍納入業者の物が確認されている。読み方はエムエーワンだがマーワン、マースト、エムワン等と語呂良く呼ばれることが多い。

軍用機の多くがプロペラ機からジェット機に移行するに従って飛行高度も高くなり、フライトジャケットに付着した水分が氷結して乗組員の活動の妨げになることがわかったため、それまでの革製フライトジャケットではなくナイロン製のフライトジャケットが考案された。1950年代初頭に、先行するB-15型フライトジャケットの後継としてアメリカ空軍が開発したのが、このMA-1型フライトジャケット(ボマージャケット)である。

MA-1 - Wikipedia

ドラマ『オレンジデイズ』主題歌Mr.Children『Sign』

 オレンジと言えば、ドラマ『オレンジデイズ』以前、通しで、全話見た記憶があります。2008年辺りだったかなと思います。

 “BEAMSが神の服うんたらかんたら、PPFMが神の服なんたらかんたら”というセリフも印象深かったです。また、主題歌Mr.Children『Sign』もドラマを盛り上げてくれました(*‘ω‘ *)

 今でも思い出されますね。遠い目


Mr.Children「Sign」 TOUR POPSAURUS 2012 Live

LIVE Blu-ray Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012

LIVE Blu-ray Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012

 

『オレンジデイズ』は、2004年4月11日より6月20日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系列の「日曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は妻夫木聡と柴咲コウ。

ドラマの放送と同時に『野性時代』(角川書店)にて北川悦吏子による小説版が連載されていた。

なお、2005年9月19日から11月28日まで、ハワイの地上波放送局KIKU-TVで、英語字幕付で放送された。

どこにでもいそうな大学4年生・結城櫂(妻夫木聡) と、病気で4年前に聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女の子・萩尾沙絵(柴咲コウ)のラブ・ストーリーを軸に展開される、大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の青春ドラマである。

オレンジデイズ - Wikipedia